02 坤為地

こんいち


万物を受け入れ育む大地。全て陰爻の静かで穏やかな卦。

卦辞

坤。元いに亨る。
牝馬の貞に利ろし。
君子往く攸あり。
先んずれば迷い、

後れれば主を得る。
西南朋を得るに利ろし、
東北朋を喪うも、

貞に安んずれば吉。

こん。おおいにとおる。
ひんばのていによろし。
くんし ゆくところあり。
さきんずれば まよい、

おくれれば ぬしをえる。
せいなん ともをえるによろし、
とうほく ともをうしなうも、

ていにやすんずればきち。

従順な牝馬のように人に付き従う。
行き先があっても、急いで先に行こうとしないで、人の後ろについて行く位でちょうどいい。
西南に向かえば友が見つかる、東北に向かえば友を失うが、
従順に人当たり良くしておけば吉。

消極的で受動的な振る舞いが肝要。
色々弱い時なので、楽なら楽なほど、ゆっくりならゆっくりなほど良い。


爻辞へ


運勢

積極的に自分から行動するよりも、人に従っていた方が順調に進む。受け身にして穏便。


願い事

今はまだ叶わず。ガマンが必要な時。


金談

取り付く島なし。


恋愛

相手に対しての思いやり。要求はなるべく前向きに応える。


開業

誰か協力者がいれば吉。こちらは下手に。


転業

凶。現状を守る事。


就職

タイミングは悪そう。目上の人に相談して見ては。


旅行

見合わせた方が良い。


移転

現状維持を固く守る。


もつれ事

相手もそれなりの事情があるみたい。出来るだけ穏便に進める事。


病気・怪我

安静にしてれば大丈夫。慢性化するかもしれない。


試験

不合格。


人探し

案外近くにいる。心当たりの女性を尋ねて。方角は西南か西北。


物探し

何かの中に紛れ込んでいる。それかそもそも入れ忘れたか。早く探さないと見つけられなくなる。


吉方位

南と西南。


凶方位

北と西北。


爻辞

初爻

霜を履みて堅氷に至る。

しもをふみて けんぴょうにいたる。

柔らかい霜も、踏み固めれば硬い氷になる。

トラブルの芽は早めに摘む。

24 地雷復


二爻

直方大。習わずして利ろしからざる无し。

ちょくほうだい。ならわずしてよろしからざるなし。

素直で、正しくて、器の大きい人は人から習わなくても重宝される。

マイペース。今の自分のままで。

07 地水師


三爻

章を含む貞にすべし。
或いは王事に従うも、
成すこと无くして終わり有り。

しょうをふくむていにすべし。
あるいはおうじにしたがうも、
なすことなくしておわりあり。

才能や実績ををひけらかさない。
大仕事に従事して、大活躍とまでは行かないまでもそれなりの結果を出せる。

従順。欲張って深追いしない事。

15 地山謙


四爻

囊を括る。咎无く、誉れ无し。

のうをくくる。とがなく、ほまれなし。

袋の口を固く縛るように、自分を抑える。
咎められないけど、誉められない。

万事控えめな行動を。備えは必要。

16 雷地予


五爻

黄裳。元吉。裳。元吉。

こうしょう げんきつ。

黄金の衣裳を身につける程の地位と権力を手に入れても、目下の人間を軽んじない。大吉。

人に頼られ、人を引き立てる。大吉。

08 水地比


上爻

龍野に戦う。其の血玄黄。

りゅうやにたたかう。そのちげんこう。

龍が野で血を流しながら戦う。穏やかさと従順さは無い。

従うべき立場で従えない。大人しく身を引くこと。

23 山地剝