28 沢風大過

水没する木、水が多すぎ。撓む棟木、重すぎる積み荷。軽すぎる頭もそれはそれで、壊れない為の浮雲と知れ。足取りは軽く、少し離れて歩く。

荷物は軽いほうがいい。



卦辞

大過。棟橈む。
往く攸有るに利ろし。亨る。

たいか。むなぎたわむ。
ゆくところあるによろし。とおる。

棟木の中心に負荷がかかってたわむ。
手遅れになる前に気付いたのでそれはそれでよろし。
順調に進める。

何でも行き過ぎるおそれ。一歩下がって、自分一人で背負い込まないで。


爻辞


初爻

藉くに白茅を用う。咎无し。

しくにはくぼうをもちう。とがなし。

敷物に白い茅を使う。
咎められない。

丁寧に、細心の注意で扱う。

43 沢天夬


二爻

枯楊稊を生ず。
老夫其の女妻を得。
利ろしからざる无し。

こようていをしょうず。
ろうふそのじょさいをう。
よろしからざるなし。

枯れた柳から新しい芽が生えてきた。
老いた男が若い娘を妻にする。
良くないわけがない。

世の中まだまだ捨てたもんじゃない。

新しい事に挑戦してみる。

31 沢山咸


三爻

棟橈む。凶。

むなぎたわむ。きょう。

棟がたわむ。凶。

荷が重い。無理しなくて良い。

47 沢水困


四爻

棟隆し。吉。它有れば吝。

むなぎたかし。きち。た あればりん。

真っ直ぐで頑丈な棟木。吉。
他に気を回すと恥をかく。

信念を持って一途に進む。
別の事に心を奪われないように。

48 水風井


五爻

枯楊に華が生ず。
老婦其の士夫を得。
咎无く誉れ无し。

こようにはながしょうず。
ろうふそのしふをう。
とがなくほまれなし。

枯れた柳に花が咲く。
老いた女が若い男と結婚する。
咎められる筋合いはないけど、褒められたことでもない。

人の評価なんて気にしなくて良い。

32 雷風恒


上爻

過ぎて渉る。頂きを滅す。凶。
咎无し。

すぎてわたる。いただきをめっす。きょう。
とがなし。

自分の力量を省みず、川を渡ろうとして溺れる。凶。
捨て身の行為自体は誰にも咎められない。

実力不足。身の丈に合った行動を。

44 天風姤


コメントを残す